アモバンとルネスタのち外

medicines were equally spread

睡眠薬は現在数多く開発されていますが、その中から今回はアモバンとルネスタについて紹介しようと思います。

まず不眠症の原因についてですが、実ははっきり解明されていません。
というのも、精神的な部分からくる症状であり、自律神経の問題によって生じるものとされています。
これについては検査することができないため、はっきりとした原因がわからないのです。
考えられているのは、自律神経の中にある交感神経が敏感になり、身体を興奮させてしまっているということです。
これによりなかなか寝付けず、その結果として不眠症になってしまうのです。
不眠症が続いてしまうと、さらにそこから自律神経失調症の症状へと発展してしまう危険があります。
これを防ぐためにも、アモバンやルネスタのような睡眠薬の存在が重要になってくるのです。

アモバンもルネスタも基本的な効果は同じで、ともに脳の活動を抑える神経伝達物質のはたらきを強くする効果があります。
これにより身体全体が落ち着きを取り戻し、深い眠りに就くことができるのです。
ではこの2つの睡眠薬は何が違うのかというと、副作用が少し違います。
ルネスタはアモバンの後から開発された睡眠薬であり、アモバンにあった苦味を改良しています。
また、効果の作用時間に関しても違いがあり、ルネスタの方が数時間ですが長く効果が続きます。
医薬品というのは結局自分自身に合うか合わないかが重要ですので、一概に言い切ることはできませんが、ルネスタの方が後から開発された分、使用しやすい睡眠薬だと言えるでしょう。